1er cru

Blog

idea

北海道に来た理由の大半は石井シェフと土井ソムリエールに会う為。約1年半ぶりの再会。

お二人とも御変わりなくって。変わったのは調理スタッフが増えてた。

少しお話して前回の来店時を回顧。石井シェフ曰く「ある意味凄いときに来た。」と。人員を一度リセットしたタイミングであって、

あの日はシェフとセルヴィス一人とマキだけだったと。正直それであのクオリティはあんまりなんじゃない!?と思った。

勿論、悪い意味ではなくとてつもなく素晴らしい料理だったから。だからもう一度来たかったんだし。

ideaにてあの時の感動をもう一度。。。。今回は全然集中できる状況じゃなかったけど。。でもやっぱり来て良かった。

位置皿もパッサージュの佐藤シェフ繋がりかな?当時バルセロナから飛んで食べに行った記憶が蘇る。😢

 

 

 

小さく見えるけど、寿司ネタにして多分15貫分は最低あろうかと言うくらいの礼文と羅臼の最高の雲丹。

下には蝦夷アワビゴロゴロ。

北海道の天然鮎

オマージュガルグイユかな?しかし肇シェフとオブラック本店のブラスの物しか本気のガルグイユは食べてないけど断然旨い。。。。

多分ガルグイユを超えて石井誠の料理になっている。こんなに旨い皿は久しぶりに出会った。。

次回行く時は必ずリクエストしよう。この一皿の為だけに北海道に行きたい。いや多分絶対に行く。。。。。。

今回は無茶できる環境では無かったので笑

ルイ・ロデレールと最近めっぽうお気に入りのニーロンのみ。

あ~最高でしたー。来年のお話もさせて頂いて大満足。絶対にきます笑  メールお願いします!

 

翌日の夜はシェフとマキさんと一緒に食事の約束をしてましたので早々に退散。

旅の初まり(8月の事)

美しいったりゃありゃしない。旅の始まりから最高の予感。

シェフ・・お騒がせしましたがとても良い時間を過ごせました!ありがとうございます!

ふぅ・・・

やっとここまで来ました。残すはシンクと冷蔵ショーケースと厨房との境の扉が決まれば完成です。どこかに無いかな~。開店できるのかな~汗

 

お店の前を行き交う方々は、どうも雑貨屋さんだと思われている模様。。。せめて何かしらの専門店かブティックっと感じて頂きたいな。。。。開店前なのに心折れ。。。

肉と店

ここ数年のうちで一番気に入っている牛肉。のざき牛。

いつもはシンタマを注文してますが間違って内モモを買っちゃった。ま、いいか。旨いし。でも亀の甲や、しんのしんが無いのは悲しいかな。

色んな産地の牛肉使っていますが、のざき牛を割り当てて下さる時は間違いなく購入します。(しかし数が少なくなかなか分けてもらえない。。)

赤身のうま味が強く(現時点では霜降りは使いません)なんといっても焼いた時の焼け方が全く違う。

いつもの温度でいつもの時間焼いても火の入り方が全然違う。ですので、のざき牛専用の焼き方焼き時間を設定します。

 

あと、新店舗。やっと家具が入ってそれらしくなりましたが、まだまだですね。

とりあえず応急的な冷蔵ショーケースも見つからず、食材の物販も業者さんとうまくかみ合わず難航しております涙

10月始めには開店しないと。。。家賃が。。。7月から払ってる。。。大丈夫かな。。。。。

あ。ちなみに惣菜業で認可取っていますので店内でのご飲食はできません。宜しくお願いします。

ずぅ~っと行きたかった(そんなお店ばっかり・・・)

ここ10年近く、毎年1年の間に数回お土産を持ってきてくださる方がいまして。毎度こちらのパンをいっぱい持ってきてくださります。感謝。

 

中でもクロワッサンとアンパンとトラディショナルの生地がめっぽう好みで、いつかお店にいきたいなーと思っておりました。

先日の休暇中にどうしても福岡に行きたい用事ができたので、急きょ一日休暇を増やして無理やり組み込みました~。幸せ。

 

ご挨拶したいなと思って工房を覗くと、可愛いお店とは裏腹にキラリと光る鋭い眼光の旦那が。。。間違いない。。彼だ。。やられる。。笑

 

 

シェフとお話させて頂き、人の良さを確認。ほっ。「今日はバゲット系の生地が売り切れたんですよ」とトホホ。お目当てだったのに残念。

峰尾シェフありがとうございました!時間が無くてバタバタにて退散しましたが次回こそは朝から買いにいきますからね!宜しくお願いします!

 

 Prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 33 34 35 Next