1er cru

Blog

坐忘林2

部屋で一息ついてラウンジでお薄を頂く。その空間には凛とした静けさと心地いい疎外感、雄大な自然しかない。

隣にはとても有名な方が。全く自然体でこの空間を静かに愉しんで。

雄大な羊蹄山をバックに、それらの小宇宙。

 

 

ゆっくりしながら見回していると、明らかにお茶専門の人、庭専門の人、盆栽専門の人とがいる。勿論レセプション、バトラー、料飲は別で。

とても大事な事だと思う。

理想ではあるが、実際これをできているところはどこを見回しても恐らくほんのひとつまみだと思う。(料理の完璧さも含め)

それがこんな人里離れた場所にあった。

明らかに今まででステイしたところとは別世界。来年の春にアマネムに行こうかと悩んではいたが、恐らく全ては杞憂である。

来年もここに来ることが一番の正解だと感じる

今まで自分でも小さくてもいいから、このような空間とお店を確立したいと頑張ってはいたが、本物を目の当たりに全てが無意味に思えた。

とても雄大な空間の中で自分の小ささを痛いほど実感した。

 

酒と料理に至っては、正直。。。予想をはるかに超えて異次元の幸福。

まさか日本国内でここまで打ちのめされる空間があったとは思いもよらなかった。なんてちっぽけな自分を見つけてしまったのだろう。

そろそろ引退の時を感じる。長くすることにも何か意味はあると思うがパフォーマンスが低下しては意味がない。しない方がまし。

辞める時期を決めよう。

 

クリスマス期間とお節の予約開始いたします。

毎年恒例のお節とクリスマスコース。予約を開始させて頂きます。画像は去年のお節で内容は未定です。

材料の内容とお重を変えるかもしれませんので価格もまだ未定です。

 

クリスマス期間は22日~25日まで、それぞれ人数にもよりますが4~6組様 今年は17時からお受けします。

お節は新しいお重が間に合えば30セット。(注文ロットの関係)

今までのお重なら25セットと致します。

 

宜しくお願いします!

坐忘林 

石井シェフとマキさんと固い握手後、高ぶる気持ちを抑えてホテルにて就寝。

翌日札幌からニセコまで移動。北海道での残りの目的を目指す。ずーっと行きたかったお宿。

私が旅行に出て、チェックイン後に必ずすること、

ベッドからの景色を満喫。テラスにて地ビールを飲む。ミッション達成。

思ってた以上に大満足でした。いや~はるばる来て良かった~~。最高の余暇です。

 

 

深田惣菜。試行錯誤しながらも絶賛稼働中です!宜しくお願いします。

大きな課題はありますが、本来の理想の動きにすでに近づいています。

#深田惣菜 ←勿論飛びませんけどね笑

鮨 一幸

イデアを予約した際に翌日一幸さんに行くからタイミングが合えば一緒に行きましょう~

とお誘いしたところ「是非~」とのことで一幸ツアーが決定しました。

ここは去年行きたかったけど滞在日数の制限にて断念したお店。ど~しても行きたかった笑。

しかし、こうやって画像をみると、またよ~飲んどる。。。

最後にはロブマイヤーで飲ませてもらいました。勿論石井シェフも同じ状況にも関わらず私のグラスを持ってロブマイヤーじゃん!スゲーっと。

「あ、自分の見ればいいんだけどね」とも。どこまでも冷静笑。

食中、「深田さん!去年のあの夜はイデア史上でも伝説ですよ笑 あんなワインの、でかたしたの初めて」とシェフもマキさんも。

初めて石井シェフとマキさんが興奮している姿見た笑

 

来年のお話なんかもさせて頂いてとても楽しい時間を過ごさせていただきました!必ず参加させて下さい!!!

 

噂通り、情熱大陸な工藤さん。兎に角熱く、正確、完璧主義。

しかし石井シェフにはタジタジなよう笑。私一人でお伺いしてたら恐らく全然違う空気だったかと。

一瞬追い詰められた工藤さんを見れてとても貴重な時間だったと思います。

工藤さん!鰯が最高に好みでした!卵にはめちゃくちゃ驚きました!

またお伺いさせていただきます!予約受けてくださいね~

お知らせ

旅のお話の途中ですがここでCMです。

 

10月5日10時開店です

どうにかこうにかオープンにこぎつけれそうで。

お惣菜屋さんですが、お店で使っている商材なども少し置いてたりもします。↑こんなのとかも!

1ercruのアンテナショップ的な感じでしょうか?お惣菜屋さんですが。。

 

と~っても貴重な梶谷農園さんのサラダなんかも。譲さんありがとう💛

そのまま販売やお惣菜に入れたりするかもです。

 

とっても大事に育てたハーブやリーフ達。

入荷は安定しませんが野菜本来の味と大地の栄養みなぎっております!

家庭的な和のお惣菜から1ercruの洋のお惣菜、少しリッチな家飲み用の食品等。少ないですが販売致します。

 

どうぞ宜しくお願い致します!

 

 

 

 

 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ... 32 33 34 Next